探偵Lの映画ブログ

カナダ在住の映画&ドラマオタクが探偵気分で映画をレビューするブログ

Netflix『カレイドスコープ』実話から着想を得た!?犯罪者達の華麗なる強盗計画とその顛末を描いた、時系列バラバラな新作ドラマ

久々に一気見せざるを得ないエキサイティングなドラマをネットフリックスで見つけましたよ!

これは評価高いと思います。カナダでもリリース以来今のところずっとTOP10です(2023年1月中旬時点)。

 

映画やドラマに限らず、何でもかんでも、ハマると一気に最後まで突っ走ってしまう自分をどうにかしたいんだけど、今回は「面白いものは長く楽しもう」と自分に言い聞かせながらちびちび観ましたよ。笑

 

ハイストとか大泥棒ってなんでイチイチかっこいいんだろうね。

詐欺とか泥棒って、犯罪者の中でもなぜか流儀とかプライドとか、ロマンチックに感じさせる何かがあるのよ。

今作は、そのかっこよさだけじゃなく、”犯罪者”として生きる登場人物達の苦悩や、仲間同士の関係性も見どころ。超大物から超大金を奪って、それでめでたしめでたしなんてあるわけがないのよ。うん。

 

各エピソードのエンディングでも出てきてたけど、kaleidoscopeは万華鏡のこと。

これは万華鏡の中の景色が変わるようにそれぞれ色の名前がついたエピソードをどの順番で見ても楽しめるという構成になっています。

 

私は普通に見たけどね。(こういうところでは冒険しないタイプ)

確かに、シャッフルして見てみても面白かったと思う。でも、そうした意味は本当にあるのかしら。アイデアはいいと思うけどね。

果たしてどれだけの人がランダムに観ただろうか、と。笑

 

でも、もし、「わたくし、シャッフルして観ましたけど。」って人いたら教えてください。私は、順番バラバラにしてもう一回観てみようかちょっと迷っています。笑

 

俳優陣については、特に超人気者が出ているわけではないんだけど、それぞれの役がすごくぴったりで、それぞれの役者がみんないい味出してることがすごく印象的だった今作。

適材適所とはこのことだなと。

 

そして、キャストも最近多いあからさまな人種のダイバーシティとか押し付けてこないのに、今作はしっかりダイバーシティが活きているなと感じました。

主人公のレイはもちろんのことだけど、クールでおしゃれな女性キャストに惚れました。特にエヴァ。最初から最後まで素敵。

 

 

キャスト

レオ・パップ/レイ・ヴァーノン(ジャンカルロ・エポジート)

元やり手の金庫破り。復讐のために70億ドルの強盗計画を立てる。

レイの執念と、愛と、クールさがひたすらかっこよかったなー。枯れ専なら大好きでしょ、こういうおじさま(え)。

 

映画ファンならこの人どこかで見覚えがあるはず!今作でも彼の演技力は光ってましたよ。さすがです。濃いキャラの共演者の中でも、存在感抜群。

最近では『マンダロリアン』や『ザ・ボーイズ』などの人気ドラマで活躍中。

 

ハンナ・キム(タティ・ガブリエル)

レイの一人娘。現在はセキュリティ会社勤務。

登場した当初は芋っぽさが残る少女だったのに、途中から急にカーリーヘアが似合うべっぴんさんに大変身するキャリアウーマンなハンナ。

 

私は『YOU』の時からずっとファンなんですよ、この人。ビジュアルが最強じゃない!?

最近ではトム・ホランドと共演した『アンチャーテッド』でもかっこいい女殺し屋が素敵だったわー。YOUの新シーズンも楽しみ!!

 

エヴァ・マーサー(パス・ベガ)

レイの古い仕事仲間。本職は弁護士だが、違法行為もやってのける切れ者。
いつもクールでおしゃれなんだけど、どこか寂しさを感じる彼女。紛争の中アメリカに逃げてきた過去を持ち、弁護士として成功しつつも若い頃から怪しげな商売にも手を出すマルチプレイヤー。かっこいい。

 

とにかく彼女の魅力に終始どっぷりハマってしまいました。いつかこんなお姉様になりたいわ。レイとの、恋人のような兄妹のような愛に溢れた関係も素敵だった。

あ、そうそう、彼女のインスタ見て!さらに惚れるから!

https://www.instagram.com/pazvegaofficial/

 

いや、全キャスト載せたいところだったんですがね、どうしてもちょっと想いが溢れちゃってものすごく長くなりどうだったので、他キャストのことは以下の感想内で語っております。

どうか怒らないでください。。。笑

 

 

感想【ネタバレあり】

ストーリーの構成

どこから見ても面白いっていうコンセプトは面白かったけど、個人的には、実際にランダムに見る人は少ないと思うから、このコンセプトはちょっとだけもったいなかったかなー。

見やすい順番で言ったら、最初から順番に観始めて、後半の”レッド”と”ピンク”を入れ替えるのが時系列的にはわかりやすいかもしれないなと。

 

1話ずつに「おおっ!」ていう大事な新事実が発覚していくから、たとえ最初に計画の結果を知っても、裏切り者の正体を知ってしまってたとしても、腑に落ちる構成になっているんだと思う。

 

それはともかく、、、

この作品がただのかっこいいハイストドラマで終わらないのは、ヒューマンドラマが詰まってるところだと思う。あれだけの犠牲を払った強盗計画をやって退けても、誰も結局幸せになってないのよ。(んー、ハンナ以外?)

 

オーシャンズ11』のようにはいかないよねっていう。

仲間割れやら、裏切りやら、復習やら。。。ドラマが終わらないんですよ。

 

ロジャーへの復讐を成し遂げて、ついに刑務所送りにしたレイですら、病に蝕まれ、復習に復讐で返される最後。(多分、あれはロジャーの息子だよ。大企業の社長の息子なのにあのTシャツしか持ってないのかな。)

 

それにしてもさ、過去のロジャー&レイの相棒時代、あの若返り技術(?)すごかったわ。

本当にみんな20歳くらい若返ってるの。すごいねー、今時の技術は。

ほんと、若かりし日のエヴァがかわい過ぎたわ。笑

 

キャラの濃さ

これだけで、今作からはもう一人しか思いつかないでしょ。そうだよ、ボブだよ!!

 

最初ものすごくウザくて、「こいつすぐ死ぬだろーな」っていうフラグが立ちまくっていたボブでしたが、最後まで見るとこいつの魅力がわかってくる。

なんでジュディこんなやつと一緒にいるの?て思うんだけど、一方で彼のピュアさと不器用さを放っておけないジュディの気持ちはわからなくもない。

 

ボブというキャラクターにとっては、ハイストが終わってからが、本領発揮だった。

レイ&エヴァを追い詰めるも、レイに嵌められたあのエピソードは本当に涙なしでは見られません。切ないなー。ボブ好きかもって思っちゃったよ、最後だけ。ちょっと。

 

最後、ボブは自分を殺そうとしたのがジュディだったって知ってたのかな?知らなかっただろうな。うん、知らないままでいてほしい。泣

 

あ、余談ですが、ボブ役のジャイ・コートニー、実はこんなイケメンもできます。(画像参照)

アクセントでもお分かりのようにオーストラリア人俳優さんでございます。何気に『SUICIDESQUAD』にも出てます。

振れ幅すごい。

 

後はね、ボブの宿敵?スタン(ピーター・マーク・ケンドル)ですよ。

この人の、どこにでもいそうな普通の青年感。ルーザー感がつぼ。

同房だったレイとの友情もアツかったなー。

 

後半、妻とママが殺されちゃうシーンがあっけな過ぎて。妻は守ろうとして殺されるのに、自分はジュディとキャッキャすることしか考えていないスタンのクソぶりよ。笑

 

あとね、あんまり出番はなかったけど、運転手のRJ(ジョーダン・モンドーザ)もキュートだったな。ジュディとの関係性も微笑ましかった。

 

カッコ良すぎる女性キャスト達

冒頭でも言ったように、この映画の押し付けがましくないダイバーシティの組み込まれ方は見ていてすごく気持ちよかったです。

それだけじゃなく、女性キャラ達の活躍もかっこ良すぎるんですよ、今作。

 

エヴァ&ハンナはもう言わずもがななんだけど、薬品オタクなジュディ(ロザリン・エルベイ)の頭脳派な一面も好き。

 

レイとエヴァを執拗に追うFBIの女性エージェント、ナザン・アバッシ(ニオウシャ・ノア)は、ムスリム女性エージェントっていうのも新しく、でも彼女のキャラクターにフォーカスできる深みのあるキャラクターだった。

 

彼女、最後はトリプレッツに殺されちゃったのかなー。

執念深かったがために、知りすぎたもんねー。なんか、あっけなかったなー、悲しい最後だったよね。(見知らぬおっさんからの握手で殺されちゃうあのシーン、ちょっと金正男暗殺事件を思い出してしまったのは私だけでしょうか?w)

 

ただね、ハンナの両親がどちらもブラックの設定なのに、なぜかその後韓国人家族の養子になって韓国語も喋れて、みたいな設定は謎だったな。いる?この複雑な設定。しかも特に説明もなし。この女優さんが韓国人のクオーターだって知識が元々なければ、なんなんこの設定?ってなりそう。笑

 

 

【ネタバレあり】映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』詐欺師達の華麗なる騙し合い in マルタ

2022年のコンフィデンシャルマンJP、今回の舞台はマルタ。

 

今回は、詐欺師仲間の3人がお互いに騙し合い対決をするストーリーなんだけど、そこにいろんな陰謀や秘密も盛り込まれた、贅沢な”英雄編”。

 

もしかしてこれがシリーズのラスト作品?

なんとなく締めくくりを感じるストーリーだった気がするなぁ。

 

 

感想

2本続けて邦画のレビューになりました。

そう、東出昌大くん作品続きです。彼色々スキャンダルあったけど、外見めちゃタイプなんだよねー。

まぁでも人気だから今でも引っ張りだこなんでしょう!

 

相変わらず、長澤まさみの振り切れた演技が気持ちいいです、このシリーズは。笑

作品の中で、もう若くないとか可愛くないとか言われるけど、こんなにかわいいアラフォー(まだだったらごめんなさい)いないぞ!!といつも思う。

 

東野くんも、ぼくちゃんのキャラにしっかりはまってるし、リチャードも愛されキャラでかわいい。

 

今作では、城田優くんがぶっ飛んだマフィア役、瀬戸康二くんがフランスのインターポール、真木よう子まで謎の女役で出てきて、相変わらず豪華な顔ぶれ。

 

ほんのちょい役にびっくりする人気俳優(山田孝之&阿部寛がいい例。笑笑)が出てきて毎回笑っちゃうんだよね。よくこんなに毎回大物揃えられるね、この映画。

 

ストーリーは、ちょっと色々詰め込みすぎかな?と思ったけど、最後に全部まとめてくれるからスッキリする内容ではあったかな。

 

”英雄編”だったから、どんなヒーローが出てくるのかと思ったけど、結局は「英雄なんかいらないのよ」って話だったところには、詐欺師が主役の映画にちょうどいい締め方だったのかも。

 

最後に判明するツチノコの犯人、コンフィデンスマンJPシリーズの性質を知っていたら簡単に予想できたかもしれないけど、まさかのマリウス!!

 

瀬戸康史くん、最近ドラマ『城塚翡翠』でもサイコな演技をしてたけど、今作もそれが様になってたと思う。

 

しかも、瀬戸くんのフランス語(英語もだけど)十分リアルでうまかったと思う。彼、可愛い顔だから昔はただのイケメン枠だったけど、最近ではちょっと複雑で難しい役もやるようになって、実は演技力も凄いことにびっくりする。

 

そういえば、マリウスの手下役にソフトバンクのお兄ちゃん厚切りジェイソンだったことには笑った。

 

これがもし今シリーズ最後の作品になるとしたら納得の終わり方だったかな。

ジェシー役の三浦春馬くんとスター役の竹内結子さんのオマージュには胸が熱くなったなー。

映画『OVER DRIVE』イケメンだらけの熱血レース映画!!

久々に邦画を観ました。

邦画も、特に邦画の熱血スポーツ?系は普段あんまり観ないけど。

 

正直に言うと、完全に新田真剣佑目当てです!!笑

そしたら、思いがけず東出昌大北村匠海という超タイプな二人も出ていて、終始眼福でした。笑

 

真剣佑くんの鍛えられた肉体がすごいし、少女漫画的な胸キュンシーンも多数なので、女子向けなのかな?と思いきや、メカニック関係のディテールや、兄弟の情熱が感じられる熱血映画でもあるので、さわやかに観られるはず。

 

映像美と迫力が素晴らしかったんだけど、監督は『海猿』の羽住英一郎さんだったとは。納得。

 

レースにまつわる専門的な話や、車を扱うシーンも多いのに、しっかり作り込まれていると思いました。

F1とか、車が好きな人も楽しめること間違いなし!!

 

 

感想

今作、実はあんまりヒットはしなかったみたいだけど、個人的には結構好きでした。

ちょっと、ラリー業界の広報映画的な雰囲気は否めなかったけど、個人的にキャストが最高だったのに加え、映像美、迫力、キャラクターの個性もしっかりしていて面白かった。

 

個人的に、日本のスポ根系が苦手な理由は、よく叫ぶから(え?)。

日本の映画・ドラマは本気度を見せたいのか、お互いに怒鳴り合うシーンが多い気がするの。だからなんとなく苦手なんだよねー。

もちろん、今作もそんなシーンが多めではありますが、それだけじゃない。バランスが良かったから、カップルで見ても楽しめる映画になってたんだと思う。

 

「車の映画かー(自分免許すらない)」と思いつつ観てみたけど、ラリーの迫力と、兄弟の青春と、イケメンのバランスが、とにかくお見事だったと思います。

 

しかも、レースのシーンも各地の魅力たっぷりなコースをほんとに美しく撮っていたと思うし、直純のエモいシーンもエモさがいい感じだった(プールのとことか)。笑

 

ほんとにね、直純の美しさとカリスマにびっくりする。

 

とにかく眼福。それに限る。檜山兄弟がカッコ良すぎる。

 

主役の二人、正反対な兄と弟をものすごくカッコ良く演じてたと思います。

イケメンプロドライバーとして明らかに体を作り込んできた真剣佑くんと、リアルなメカニックオタクを完璧に演じきっていた東出くん。まじめでな北村くんも良かったなー(ただ、同じドライバーなのに真剣佑との体格差が気になってしまった笑)。

 

でも、森川葵ちゃんが…確かに、初々しい若手社員間はぴったりだったんだけど、ちょっと存在感がない。笑

それが逆に良かったのかもしれないけど、ラリーの映画だし。

 

ストーリーは、ほんとね、正反対なイケメン兄弟とか、幼なじみを兄弟で取り合ってたとか、よくある設定ではあるんだけど、みんな結局定番が好きなんだよ!笑

 

欲を言えば、ラストの優勝シーンがあっけなかったなーってことかな。

もうちょっとかっこいいレースのシーンがあったら感動的なラストになったと思う。でも、檜山兄弟が仲良く童心に帰る最後のシーンはさわやかだったなー。

 

思ったより評価が低かったけど、もうちょっと高評価してもいいと思う。

ただのイケメン映画で終わってしまうには残念すぎる、凝ったディテールが光る映画でした。