探偵Lの映画ブログ

カナダ在住の映画&ドラマオタクが探偵気分で映画をレビューするブログ

【ネタバレあり】映画『マトリックス:レザレクション』旧3作との比較&レビュー!!

f:id:mobayuri:20220112040002j:plain

ついに、今年のクリスマスに公開された4作目の『マトリックス レザレクションズ』

 

ということで、2000年代に公開された3作を週末に一気観してみました!

公開からまもない頃、わたしが初めて観たときには、おそらく幼過ぎたのか意味不明で、全然面白さを理解できなかったけど、大人になった今観返してみると、この映画のメッセージと世界観の新しさ(当時からして)はまさにレボリューション!(?)だったと思います。

f:id:mobayuri:20210914002252j:plain

最近、主役の二人(ネオ&トリニティ)が実はカナダ人だと知って、それだけでもテンションが上がっています。笑

 

予告編はこちら↓

youtu.be

 

2021年はクリスマス時期公開の大作映画が多い!!(『スパイダーマン  ノーウェイホーム』、『呪術廻戦 0』など)

ふふふ♪♪

 

 

シリーズのメインキャスト

ネオ【キアヌ・リーヴス】

普段はIT企業で働く敏腕ハッカー。

 

1999年はあどけない表情が残る美青年。

新作の予告編では、年を取ったネオの容姿が「ジョン・ウィックにしか見えない!」とも言われてますが、またネオとトリニティのペアが見られるのは嬉しい!

出演作:『スピード』、『ジョン・ウィック』など

 

トリニティ【キャリー・アン・モス】

モーフィアスとともにシステムと戦う、元ハッカー。

 

予告でも相変わらずの美しさと凛々しさが素敵。

ネオのことを知らない世界に住んでいるトリニティは

出演作:『メメント』、『ポンペイ』など

 

モーフィアス【ローレンス・フィッシュバーン】

人類をマトリックスの政界から救うために戦う。ザイオンの戦士。

 

出演作:『ジョン・ウィック:チャプター2』、『HANNIBAL/ハンニバル(ドラマ)』など

 

 

感想【ネタバレあり】

予告編より

予告編にはいろんなヒントが詰まってました!

 

最初、ローレンス・フィッシュバーンが今作には登場しないのは残念だなーと思ってたけど、その代わりにヤヤ・アブドゥル・マティーンⅡが新モーフィアス?として登場。

(ローレンス・フィッシュバーンには今作の出演に声がかからなかったと聞いて、オリジナルキャラなのにちょっとひどいなーと思ったり。。泣)

 

プリヤンカ・チョープラ・ジョナスも出てきて、まさか彼女は成長したサティ??なんて思ってはいたけど、期待通りのファンワクワクポイントを抑えた予告編でした。

 

ただ、トリニティの存在が謎で、ネオも新しい仮想現実?もしくは映画の世界に?なんて思ってたけど、実はゲームでしたね。

 

新しさは?

2000年代の三部作は、その新しさと斬新さで話題になり、ここまでアイコニックな作品になったわけだけど、今作についてはその新しさが感じられなかった。

 

インターネットが出てきたばかりの当時にぴったりの作品だったからこそ、今作でももっと、現代のテクノロジーを意識した内容を期待してた。

アナリストの存在がそれだったのかもしれないけど、それ以上の驚きがほしかった。

 

現実世界の人間界も、そこまで進化してなかったのもちょっと残念。

 

キャスト

ネオとトリニティはさすが。トリニティ役のキャリー・アン・モスは相変わらずの存在感と美しさ。ネオは、髭とロングヘアでキアヌ・リーブス本人にしか見えなかったけど(『いつかはマイベイビー』の時みたいな笑)、それもそれで歳を取ったってことだったのかな。

 

その旧キャストに加え、ヤヤ・アブドゥル・マティーンⅡアクアマン、レベッカ・ヘンウィックゲーム・オブ・スローンズ、ジョナサン・グロフアナと雪の女王』など、新しく加わった俳優陣も激アツ!!

 

個人的には特に、バグス役のレベッカ・ヘンウィックがカッコよくて惚れた。

予告編ではあんまり出てこなかったけど、実は重要なキャラだった彼女。

新作にアジア人のメインキャラを使ったことも、あの青い髪も、LGBTQなキャラも!!

f:id:mobayuri:20220112045322j:plain

 

新モーフィウスはちょっと生意気だったのが気になったけど、彼女のファッションはいい感じだった。

あと新しいエージェントスミスはちょっとイケメン過ぎてイメージ違かったけど、今作のキーキャラだったアナリストのニール・パトリック・ハリスが一番いい仕事してたかも。彼の無機質な雰囲気はセラピストとしても、コンピューターとしてもぴったりだった。

 

今作のアイデア

インターネットの存在が生活のベーシックになって、みんな常にスマホやPCに向かっている現代のライフスタイルでは、本当に何がリアルか分からなくて、みんなセラピストに頼って自分の精神の安定を保とうとするところとか、まさにコントロールされた(されたがりな)現代人の姿を皮肉っぽく描いていたのかも。

 

トリニティ(ティファニー)が、自分の価値の見出し方を他人の意見や見方に頼っているところとか、自分の理想や意見を閉じ込めてしまうこととか、現代人がこんな生活の中で自分を見失っていく感じを描いてたのかな。

 

前散策でも思ってたけど、やっぱりネオがただ一人で救世主なのではなく、二人の存在と関係がキーを握っていたんだってことが今作では特に強調されてたと思うし、トリニティの活躍がついに花開いたのも今作のような気がした。

 

アクションがダサいとか、言われてはいるけど、当時だってマトリックスのアクションはダサさとカッコ良さの絶妙なラインだったと思うし、この映画がヒットしたことでカッコよくなった、てとこもあると思う。好みもあるけど、「その絶妙なライン」がいいの!そこがポイントだと思うの!笑

 

こうだったらよかった!?(個人的な希望)

正直、「マトリックス」として新作を作るよりもスピンオフとかを作ってほしかったかも。

モーフィアスとか、オラクルとか、エージェントスミスとか、もっと深く知りたいキャラはいっぱいいるし。

 

今作に関していえば、バグス、ナイオビ、サティのスピンオフとか今後やってくれたら絶対観る!!スピンオフだしてくれーーーー!!笑

 

 

Disney『ミラベルと魔法だらけの家』コロンビアが舞台のディズニーミュージカル映画

f:id:mobayuri:20220101074533j:plain

ついに観ました!

カラフルでハッピーなファミリーの映画、『ミラベルと魔法だらけの家』!!

 

原題は『エンカント』。

”Encanto”とは、スペイン語で「魅力」とか「魔力」と言う意味。

放題になると一気に長くなる近頃のディズニー映画。笑

 

コロンビアが舞台で、スペイン語のセリフや南米らしいトーンの音楽がハッピーな気分にさせてくれる心温まる映画でした。南米ってファミリーの絆が強いイメージがあるけど、主人公のミラベルが住んでいる家も、3世代分のいとこまでが一緒に住んでいる魔法の家が舞台です。

 

ディズニーのアニメーションは、質感とか色合いとかが毎回きれいになっていってて、びっくり!!

今作は特にカラフルな衣装やその質感にも注目!!

 

 

ストーリー

ミラベルの一家マドリガル家が住む魔法の家エンカント。そのパワーの源であるキャンドルによって、家族はみな特別な才能を与えられていた。しかし、ミラベルには何の才能も与えられず…

 

 

感想【ネタバレあり】

 

 

うっとりするような色彩と、ハッピーなミュージックがとにかくかわいい今作。

『アナ雪』のスタッフが作ったっぽいキャラクターデザイン。(実は『モアナ』らしい。)

 

南米つながりの『リメンバー・ミー』にも似た音楽、そしておばあちゃん強し。笑

 

最近のディズニー映画は、マイノリティを含むあらゆるカルチャーにもしっかり焦点を当てながら作られている映画(『ラーヤと龍の王国』とか)が多くて、国際文化のいい勉強にもなると思う。笑

そして、人の『弱さ』にも寛容になっているような気がする。

 

主人公のミラベルは、特別な一家に生まれながら、一人だけ魔法のちからを与えられず、形見の狭い思いをしてるんだけど、それを表に出さず気丈で健気な家族思いの女の子。

 

ある日、魔法の家エンカントが崩壊していくヴィジョンを見たことで、その真相を探ろうと、一家の”除け者”になってしまった叔父のブルーノを探す。

 

ブルーノは未来を見る力を持ってるんだけど、彼の予言は良いものばかりではなくて、逆にいろいろな人からの反感を買ってしまっていた。悪気無いのに嫌味なことしちゃう不器用な人いるよねー、ブルーノはその典型。ちょっとかわいそう。

 

ミラベルがエンカントを崩壊に導くと言う予言をしたブルーノは、それを受け入れないおばあちゃんと仲違いし、ミラベルを悲しませないよう家を出ていってしまっていた。

と思わせつつ、実は壁の裏にひっそり住んでる。笑

 

英語版でブルーノの声を担当したのは、アメリカドラマ&映画でヒスパニック系のバイプレイヤーとして有名なジョン・レグイザモ。

f:id:mobayuri:20220101082014j:plain

この人結構好き。悪い役も良い役もどっちも上手い!

 

しかし…

 

正直、ここからのストーリーはあんまりしっくり来ず。

ミラベルが家の崩壊に関わってると言いつつ、その確かな原因は一切不明だし、そもそもこの魔法の家の原動力だったキャンドルがどうマジカルなのかもいまいちわからなかった。

 

家はそれぞれの部屋がものすごく広くてめちゃくちゃ快適で各ギフトに合わせて作りも特別なんだけど、それが全部謎のキャンドルから来ているとは、うーーーん。

 

と言うか、極端なことを言ってしまうと、なぜこのマドリガル家だけが特別なパワーに守られた豪邸で、特別な力を与えられているんだろうか、と言うところもしっくり来なかった。

ちょっとずるいよなー、と。笑(おじいちゃんが犠牲になったのはわかるけど、リアリティを考えると犠牲者は一人じゃなかっただろうに、とか考えてしまった。。考えすぎ!?)

 

てな感じで、ストーリーや設定はちょっとゆるゆるな気はしたんだけど、アニメーションの美しさとミュージカル要素で全てはカバーされてしまった(私的に)笑

 

家族のキャラクターもそれぞれ個性的で魅力的だったし、ミュージカルシーンが楽しくて、十分楽しめた。

 

 

まとめ

最近はすごい数の映画やドラマが量産されてて、一つ一つの作品に浸る時間は短くなってきてると思うけど、今作のような細部までこだわって、色彩も豊かなアニメーションはやっぱりすごいなーと思う。

 

家族で楽しめること間違いなしの、ハッピーな映画でした!!

 

 

Netflix『トゥルー・ストーリー〜嘘と真実〜』ケビン・ハートがそのまま本人役!?の残念サスペンス…

f:id:mobayuri:20211207034416j:plain

正直、あまり期待せずに観始めたのですが…

本当にその期待通りになりました。笑

 

 

キャスト

f:id:mobayuri:20211207041216j:plain

キッド【ケビン・ハート】

コメディアンとして大成功し、地元のフィラデルフィアに映画のプロモーションのため帰省。しかし、金にだらしない兄の登場でトラブルに巻き込まれる。

 

出演作:『ジュマンジ』、『ライド・アロング~相棒見習い~』など

カールトン【ウェズリー・スナイプス】

 

キッドの兄。トラブルメイカーで、計画していたレストランの経営もうまくいかないため、成功した弟に頼る。

 

出演作:『ブレイド』『ザ・シューター

 

 

感想【ネタバレあり】

コメディアンとして成功した弟と、その弟に金をせびるだらしない兄。

兄弟の確執と複雑な関係性、弟キッドの名声が面白く絡み合いそうなストーリーではあったんですが…

浅いんだよなー。笑

 

ミステリー好きにはなんとも物足りない作品でした。

 

サスペンス!?なの!?

一番最初、キッドがバーでいい感じになった美女が、ベッドで死んでる!!てなったシーン。もうすでに怪しすぎる。笑

 

誰も死体を確認しないし、寝起きかつ信用ゼロなはずの兄の言葉を鵜呑みにする主人公キッド。そして言われるがままに謎の死体処理係を信用して、そのまま仮眠。笑

 

ここまで見て、これ実はコメディなんじゃないかと思ってきた私。笑

 

死体処理係を称したアリを殺してしまうシーンから、少しずつストーリーに変化は出てくるんだけど、すでにキッドがまともなやつじゃないことはわかってくる。

 

アリを探してカールトンに連絡してくるギリシャ系マフィアの兄弟は、漫画に出てきそうなインテリ系&体育会系の兄達。

これもコメディぽい。。。

 

正直、一番楽しめたのはキッドとカールトンの会話だったり、キッドのファッションだったり。

兄弟の会話は、クールないわゆる”ブラックイングリッシュ”で、この絶妙なやりとりって黒人さんたちならではでかっこいいんだよなー。

 

ケビン・ハートのまんま

ケビン・ハートは相変わらず叫びまくるキャラではあるんだけど、途中から(結構最初の時点で)コメディなのか本気なのか分からない。笑

パニックで兄と言い合いになるシーンも、何故か面白く見えてしまう…

この人はやっぱり、ジュマンジとかのコメディ系が合ってると思うな。

 

作品中、超人気コメディアン(まさにケビン・ハートそのまんま)のキッドが「有名人も大変なんだよー」「お金が全てじゃないんだよー」みたいなことを繰り返し言うんですが、結局お金でなんでも解決しようとする(兄の借金も速攻お金で解決、名声を利用して熱狂的ファンのジーンを騙すし。)…

なんの説得力もないぞ!!笑

 

アメリカ版出川みたいなポジションである彼がサスペンスでシリアスな役をやるなら、完全に予想外な役所を見たかったかも。

シリアスでダークなケビン・ハートも見たい!!

 

兄・カールトン

ケビン・ハートのことをボロボロに言っておきながら、兄役ウェズリー・スナイプスはすごく良かったと思う。

だらしなく気まぐれ、でも愛嬌のある兄カールトンをうまく演じきってた。

 

彼の役所は、弟相手にこれだけの悪巧みをしていながら、なぜか憎めないというのがすごい。

ブレイドの時のクールな姿もかっこいいけど、歳を取った彼の演技力も磨きがかかっていたかと。

 

ただ、最後の最後がやたらとあっけなくて、それがひたすら残念。

キッドは結局悪いやつだったんだなと。笑

 

まとめ

最初からどんなストーリーになるかは想像がつくんだけど、最後だけは予想外だった。

 

つまりはキッドが一番悪いやつなんだな。多分。

兄カールトンは最後まで「俺がなんとかする」って言ってるのに。兄はただひたすら不器用でよくの強いかわいそうな人だった。

 

あのラストはちょっと冷たいなー。

しかもスタッフもみんながあっさり信じてるのも謎。

 

その辺りを考慮したとしても、3/10の評価かな。

ケビン・ハートのもっとシリアスな役が見たい、よろしく、ネットフリックス。