探偵になりたい。

ミステリー&犯罪ドラマオタクが探偵気分で映画をレビューするブログ

【原作と比較&後半ネタバレあり】Netflix『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』ベストセラー小説を映画化!なぜ不評!?

f:id:mobayuri:20210517031945j:plain

家の外に出ることができない広場恐怖症の精神科医アナが主人公のNetflix映画。

理由は全く異なるけど、「家から出られない」という点でちょっとだけ今の状況に当てはまるかも!?笑

 

監督は『プライドと偏見』、『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』のジョー・ライト監督。

 

原作はA・J・フィン著の同名小説。ニューヨークタイムズのベストセラーにも選ばれた大人気作品です。

2019年10月の公開予定から遅れに遅れ、ついにネットフリックスでの公開となった今作。

 

いやー、公開早々評価がひどい。笑

 

公開前に原作読んだけど、映画はかなりいろいろ省かれている印象(あるある)。

これじゃ原作ファンが怒るのも分かる。苦笑

本の人気が高かっただけに、期待が大き過ぎたのかも…

 

最後の感想【ネタバレあり】には、解説を入れつつ原作にあって映画に無い内容についても書いてます。

 

ちなみに原作本のレビューはこちら。

mobayuri.hatenablog.com

 

原作の方が数倍(いや数十倍)面白いので、興味ある方にはぜひ読んでほしいです。

日本語版原作のリンクはこちらの画像をクリック↓↓

 

 

あらすじ

広場恐怖症の児童心理学者のアナ・フォックスは、家に引きこもり近隣住民の生活を覗き見る生活を続けていた。ある日、アナは隣人家族の犯罪現場を目撃してしまい…

 

キャスト

アナ・フォックス - エイミー・アダムス

f:id:mobayuri:20210517050210p:plain

広場恐怖症の精神科医。窓から隣人の生活を覗くことを日課にしている。

 

お姫様のようなイメージが強かったけど、最近はシリアスな作品に多く出演するエイミー・アダムス。

酒浸りの中年女性を演じるために役作りし、スーパーマンの恋人ロイス・レインのようなセクシー美女の面影は一切無し…女優さんすごいわ。 

出演作:『魔法にかけられて』、『メッセージ』、『マン・オブ・スティール』など

 

ジェーン・ラッセル - ジュリアン・ムーア

f:id:mobayuri:20210517050249p:plain

アナを助けたことがきっかけで仲良くなる。

 

登場シーンはわわずかなものの、存在感抜群のジュリアン・ムーア。

出演作:『エデンより彼方に トッド・へインズ』、『NEXT-ネクストー』など

 

アリスター・ラッセル - ゲイリー・オールドマン

f:id:mobayuri:20210517050202j:plain

アナの家の向かいに引っ越してきたジェーンの夫。

 

ジョー・ライト監督とは『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』以来の再タッグ。

出演作:『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』、『』など

 

デヴィッド・ウィンター - ワイアット・ラッセル

アナの家のベースメントに住む男性。

 

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』で一躍その名を知られるようになった注目の若手俳優。カート・ラッセルの息子としても有名。

出演作:『オーヴァーロード』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』など

 

 

見どころ【ネタバレ無し】

キャストの豪華さ

主演のエイミー・アダムスを始め、豪華なキャストが勢揃い。

作品としてのレビューは不評だけど、俳優人の演技はさすがです。特にエイミー・アダムスとゲイリー・オールドマンの迫真の演技に注目!

 

また、MCU&DCのファンならお気付きになったかもしれませんが、スーパーマンの恋人ロイス・レイン(エイミー・アダムス)、新・キャプテンアメリカのファルコン(アンソニー・マッキー)、クビになった非常勤キャプテンアメリカ(ワイアット・ラッセル)が今作では共演しているのです!!

 

同時期に公開した『ゴジラVSコング』のブライアン・タイリー・ヘンリーも出演!

mobayuri.hatenablog.com

もはやホラー

ほとんどはアナの家の中で起こることばかりなので、終始暗いしダークな雰囲気。

原作がサイコスリラーだからドキドキするシーンがあることは分かっていたけど、油断していると心臓発作を起こしそうな(大袈裟)シーンが結構あるので注意です!笑

 

一癖も二癖もあるキャラクター達なので誰にも共感できないと思うし、みんな怪しくて怖い…

でも、最後まで観終わった時に「あの時のあの人のあの態度・言動はこういう意図があったのか!」ってことが分かるので、もう一回見直したくなるかも。

 

余談:原作者A・J・フィンについて

今作の原作者、実は彼自身もなかなかのキャラクター。

 

性別不詳のA・J・フィンという名はペンネームで、本名はダン・マロリー

イギリス人の元編集者だった彼が初めて描いたサイコスリラー小説がここまでのベストセラーになり、エイミー・アダムス主演で映画化までされるんだからすごいことなんだけど、その後ニューヨーカーの記事で、彼のひどい虚言癖が注目されることに。

www.newyorker.com

 

メディアに登場し注目されるようになってからは、死んでもいない家族の話をしたり、大病を患っているフリをしたり、自分も広場恐怖症であると嘘をついたり…

冗談や勘違いのようなものもあれば、深刻で陰湿なものもあり、捉え所のない人であることが分かります。

 

今作『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』の編集を務めたニューヨークタイムズのシニア・エディターは、上記のニューヨーカーの取材でダン・マロリーについて聞かれると「彼についてはいつか聞かれると思っていたよ。それがあなたかFBIかはわからなかったけど。笑」と答えています。笑

  

上記の記事をベースに、ダン・マロリーの複雑な人間性と人生を描いたTVシリーズの作成が決まっており、ジェイク・ギレンホールが起用されています。

自分の作品だけでなく、自分自身まで映像化させてしまうなんてダン・マロリーただものじゃない!笑

 

 

感想【ネタバレあり】

省かれたシーン

原作を読んでいると、「え?これだけ?」てなること間違いなし。笑

登場人物もいろんな重要シーン(だと思っていたシーン)もかなり省かれてしまっています。

 

ただ、淡々と進むストーリーに途中で飽きてしまう人もいたはず。

入りは面白かったのに、なんの盛り上がりもないまま急に犯人が現れて、急に終わってしまう、という感じ。

 

所々で使われる視覚効果とか、アナの精神状態を映したような古い映画のシーンは面白かったし、事件の伏線もしっかり回収されていたとは思うけど、なんかいろいろ物足りなかった… 

 

ちなみに、本と映画で異なるのは

・父アリスターはイーサンと血の繋がりが無いこと(実の父親は別にいる)

・イーサンはアリスターの秘書を殺していない。(ストーカー行為がバレただけ)

・アナの夫と娘の死はもっと残酷

・デイヴィッドは死んでない(というかイーサンが来た時すでに引っ越してた)

・アナは自殺をほのめかす動画を撮っていない

・ラスト、アナは引っ越さない(ラッセル家がいなくなるだけ)

 

また、原作にあって映画に含まれていない事実は

・アナはジェーンと何度か会っていて、イーサンとジェーン(実母)が並んで歩く姿も目撃している

・アナが同じく広場恐怖症に悩むおばあちゃんとチャットで仲良くなる(このおばあちゃん、実はイーサン)

・アナは真相を確かめようとジェーン(本物)を追って外出(外出時、近所に住む日本人家族の息子に助けられるけど、この子はそもそも映画には登場せず)

・アナがデイヴィッドと関係を持つ

・イーサンは産みの両親を恨み、複雑な思いを抱いていた

など…

 

この辺のディテールが分かってるとまた違う見方が出来たのでは、と思うけど。 

 

ラッセル家の秘密

今作ではラストがあっさり過ぎてよくわからなかった人もいるはず。

それくらい一瞬で片付けられてしまったラッセル家の問題。

 

ラッセル家の息子イーサンは、依存症だった母から引き離され幼い頃にラッセル家に引き取られる。

ラッセル家の両親はイーサンの危険行動に悩まされていたが、そんなことは何も知らない産みの母ケイティが、イーサンを引き取りたいとラッセル家に付きまとっていた。

 

イーサンの父アリスターは極度の過保護、もしくは虐待親父のように見えたけど、実は息子の危険な行動から外部の人間を守るために、アナやケイティを脅迫してイーサンに近付かせないようにしていた。

 

イーサンがケイティを殺害。ラッセル家の両親は、犯行を隠すためにケイティの遺体を隠し、イーサンを守ろうとしていた。

 

今作ではイーサンの動機について一切触れられないけど、原作を読んだ限りでは実の親への憎しみから来るもの(最初の被害者、アナ共に母と年の近い女性をターゲットにしていることから見ても)だったよう。

映画ではイーサンがただの気味悪いサイコパスってだけで終っちゃってたのが非常に残念。

 

アナの家族

最初から薄々気付いては来るものの、実はすでに死んでいる夫と娘。

 

最初から度々出てくる雪のフラッシュバックはそういうことだったのか!と分かってきます。あれが家族と交わした最後の会話だと思うと、あの車のシーン(アンソニー・マッキーほんと一瞬だった)悲し過ぎる…そりゃ酒にも溺れるわ。

 

「広場恐怖症」、「薬とアルコールの併用」は今作のキーポイントで、現実と幻覚の区別がつかなくなって困惑していくアナ。

でも、ジェーンの事件についてアナが見たことはどれも事実だっていうのが、意外な流れではある。

 

それにしても、マンハッタンのあんな大きなお家に一人で住めていたアナ。実はセレブ御用達のご子息限定セラピストかなんかだったのか…!?笑

 

 

評価


☆星 2.5 個/ 5 個☆

 

※原作と比べると全然面白くない。

※エイミー・アダムスの演技は迫力満点。

【後半ネタバレ】『ファーザー』老いとは…アンソニー・ホプキンスが史上最高齢の主演男優賞を受賞したヒューマンドラマ

f:id:mobayuri:20210511042314j:plain

アカデミー賞主演男優賞、脚色賞を受賞した注目作品。

主演男優賞受賞アンソニー・ホプキンスの演技が素晴らしいです!

 

イギリスとフランスの合作。オリジナルはフランスの舞台作品で、原作者のフロリアン・ゼレールが脚本と監督を務めています。

初の監督作品で全部やってこの完成度って…すごいわ。

 

↓↓今年のその他ノミネート作品レビュー↓↓

mobayuri.hatenablog.com

 

 

 

あらすじ

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは認知症により記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配した介護人を拒否してしまう。そんな折、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられる。

 

 

キャスト

トニー【アンソニー・ホプキンス】

f:id:mobayuri:20210511043301j:plain

ロンドンに住む老人。記憶を失い始め、娘の世話になっている。

 

大御所!!

83歳にして、今作では2度目の主演男優賞を受賞!!

自分と同名かつ同じ歳のこのキャラクターを演じるのってどんな気分だったんだろう…

 

出演作品:『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』など

 

アン【オリビア・コールマン】

f:id:mobayuri:20210511043421j:plain

トニーの娘。

記憶を失いはじめ人が変わっていく父親の面倒を見る。

 

アカデミー賞の助演女優賞は逃したものの、彼女の演技も秀逸!

 

出演作品:『ザ・クラウン』など

 

 

 

見どころ

感動作って言われるけど、わたしにはひたすら悲しい映画だった。(悲しみに溢れているっていう意味では「感動」なのかも。)

ポスターに騙されて心温まる感動作だと思って観ると、闇に引きずり下ろされますよ。笑

 

映画紹介では「認知症の父目線」の作品として注目を集めているけど、これを”病気”として「大変だなー」と客観的に観る人と、他人事には思えずゾクッとする人に分かれると思う。(私は後者だった)

 

記憶をなくしていく父・トニーの目線で描かれているから、時系列も登場人物もぐちゃぐちゃで、ストーリーとして理解しようとするには難しい作品。 

登場人物もシーンも限られているのに、観ている人を混乱させるような演出がたくさんあって目が回りますが、それが作り手の狙いです。 

 

わかるはずのことがわからなくなっていって、自分でも何が正しいか分からず、家族にさえ理解されない。誰を信じればいいかも分からない。

本人でなければ理解出来ない恐怖と孤独が伝わって来る、ホラーやサスペンスのようなゾクッとするシーンも。

 

時の流れは感じるのにも時系列はぐちゃぐちゃだから、ストーリーを理解しようとするよりも登場人物の心情や日々の生活の光と闇を感じながら、トニーのを追体験する作品かも。

 

記憶を失っていく本人だけでなく、一緒に暮らす家族の苦労も深刻。

人間が老いていくということや、それを支える家族の覚悟についても考えさせられます。

 

 

感想【ネタバレあり】

 ただの感動作じゃない!

人間の最後は美しくなんてない。

この映画、決して他人事としては観れなかった。自分が年取ったら、自分の大切な人がこうなったら…そんなことを考えずにはいられなかった。

 

アカデミー賞に好かれるタイプの映画だから、ただの感動映画では無いと思ってはいたけど、家族の愛はあるのに終始闇を感じる不思議な映画だった。

 

トニーの目線

これだけ「認知症の映画」として取り上げられているのに、そんな病名が作品内に出てくることは一切ない。

だから、トーニーのことを患者としては見ないようにしてました。

 

今作はトニーを「病気」として切り離すのではなく、あくまでも歳をとっていく父と、それを支える家族の心情を描きたかったんだと思う。

人間は誰も衰えていく、誰にでも起こり得る現実を突きつけてくる作品だった。

 

世話をされるのを嫌がる頑固な父から、次第に不安に飲み込まれて小さな老人になっていくトニー。

「時計を盗まれた」と身の回りの人間を疑い始めるのも、本当は自分の正しさ(まともさ)を確認したかったのかも。

 

衰えを認めたく無い虚栄心と自分を失っていく恐怖が共存するトニーの心理状態も伝わってきて、アンソニー・ホプキンスのナチュラルで繊細な演技は、まさにこの映画の核だったんだと思った。 

 

キッチンや部屋の間取りが変わっていったり、それでもアンの服はいつも同じだったり…時系列も現実も幻想も区別が付かない。観ている側を困惑させる細かい演出も今作の魅力。 

 

家族に「なんで分からないの?」と言われても曖昧な態度を取るトニー。

そんな一言でトニーが突き放された気持ちになってしまうのも分かってもどかしい。悪気ない家族の言動も冷たく感じたり、誰も悪く無いのにお互い傷つけ合っていく様子がとにかく切なかった。

 

登場人物

娘のアンが別人になったり、アンの夫ポールが二人出て来たり、最初から人物の理解が難しい。

そして答え合わせもなく終わってしまう今作。笑

 

最初に出て来たポールは医師のビルだし、アンは時には介護士のキャサリンになってる。

想像だけど、冒頭の時点でケアホームの二人が出てくるから、本当は早い時点でホームと家の生活の区別がつかなくなっていたのかもしれないし、冒頭に出てくるアンのフランス行きも、本当の夫ポールとはもう離婚してて、アンにはフランスに住む新しい恋人が出来たのかもしれない。(逆にポールとフランス行きを決めたのかもだけど)

 

ポールのことを覚えていないトニーと、ポール(両方)の二人きりのシーンは実に気まずい!でもリアル!笑

トニーが繰り出す嫌味っぽい冗談やおふざけも、一緒に住んでいたらキツイだろうなー。

どちらのポールも、トニーを避ける態度を取ったりアンに助けを求めたり、腫れ物を触るような態度は冷たく見えるけど、それが本当は「他人」の一番自然な反応なのかも。

 

アン

アンが疲弊し切っていながらも父を手放せない苦しみが今作で一番辛いところ。

 

オリビア・コールマンの演技がまたすごいのよ。

変わっていく父を見守りつつも、振り回されて疲れ切っていくアンの悲しげな表情が忘れられない…

 

トニーが熱心に世話をするアンに辛く当たったりするのは理解出来なかったけど、娘に世話をされる父親の気持ちって複雑なのかも。

 

アンがどんなに頑張っても、その愛がトニーには届かない。

アンに「私を見捨てるのか」と言ったり「お前はなんて嫌なやつなんだ」と言ったり、トニーがすごく勝手に見える時もあるけど、本心かどうかは分かる術が無い。

 

父をつなぎ止めようと必死なアンの努力が報われないのが一番かわいそう。

お互いのことは大事なはずなのに、愛だけでは埋められない溝がだんだんと深まっていくのが目に見えて辛かったなー。

 

介護施設に年老いた家族を預ける事って賛否両論あるかもしれないけど、一緒に住む当事者にしか分からない苦労があって、この映画のアンの苦しみがそれをよく表現していたと思う。

きれいごと無しの現実を突きつけられます。

 

娘ルーシー

気になるのは、トニーが溺愛するもう一人の娘ルーシーの存在。 

事故で亡くなっているけど、トニーはルーシーの死をすっかり忘れてしまっている様子。

 

ローラの外見はきっと亡くなった娘ルーシーそのものなんだと思う。

ルーシーとアンに挟まれたトニーの写真がたびたび出てくるけど、ヘルパーであるローラにルーシーの姿を写し込んでいたのかも。

 

トニーがローラに初めて会い、冗談を言いタップダンスをして見せるも最後にはバッサリと切り捨てるあのシーンは、記憶を失って来てはいるものの、あそこまで残酷になれてしまうトニーの複雑な内面とそれをただ観ていることしか出来ないアンの辛さがすごくよく分かる、一番印象に残ったシーンだった。

 

時系列

いつもなら作品のストーリーをしっかり理解して納得したいと思うんだけど、今作はどんなに考えても人物やストーリーに納得できるような作品じゃないし、それが今作のゴールじゃないんだと思う。

 

トニー本人にも分からないんだから、視聴者も理解しようとしなくていい。

 

きっとそもそもこの作品に時系列は存在しなくて、トニーが記憶を無くし始めてからこれまでの断片的な出来事のつぎはぎで出来ているストーリーなのかもしれない。

 

ラスト 

最後にはケアホームに入っているトニーだけど、今までの出来事が半分は家の中ではなくケアホームで起きていたことだったのかもしれないし、アンが「フランスに住むことになった」と話す冒頭のシーンが、実はホームに入る前の最後の記憶だったのかもしれない。

 

結局最後は母の話を始めて子供のように泣き始めるトニー。

ケアホームで生活していくことを受け入れたというよりは、もう現実が認識できなくなってしまったんだろうなーと思ってすごく切なかった。

 

そんなトニーを見て、もう現実なんて分からなくてもいいから、日々安心を感じて過ごして欲しい、と思った。本当に。

 

 

 

評価

☆星 3.7個/  5 個☆

 ※いい映画だったんだけど、ひたすら悲しいのが観ていて辛かった。

※アンソニー・ホプキンス、オリビア・コールマンの演技が素晴らしい!

※人生について、家族について考えさせられる。

【後半ネタバレあり】『ゴジラVSコング』小栗旬さんも出演の新作!最強は誰だ!?

f:id:mobayuri:20210510031712j:plain

ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが共同で手掛ける「モンスターバース」シリーズの4作目となる今作。

 

日本では公開が延期されましたが、カナダでは既に公開されていたので観ました!!

出来れば映画館で見たかったタイプの映画ではあったけども、こちらはまだロックダウンが続いているためストリームをおうちで観賞。 

 

映画ファンや批評家からの評価も高い注目作品で、迫力あるアクションシーンや凝ったカメラワークがすごい!!

これは映画館で観たかった!!

 

公開前から「ゴジラとキングコングどっちが強い(勝つ)か?」みたいな議論がされていた今作。

個人的には、放射線パワーを持った最強未確認生命体(?)vs大きな猿だったら、もちろんゴジラが勝つだろう!!と予想。

ちなみにこの組み合わせは1962年に日本で公開された『キングコング対ゴジラ』以来の対決だとか。

 

前作の『コング』から引き続き『ストレンジャー・シングス』のミリボビちゃんが出演!

日本からは小栗旬さんが出演しています!

 

  • ストーリー
  • キャスト
    • ネイサン【アレクサンダー・スカルスガルド】
    • マディソン【ミリー・ボビー・ブラウン】
    • イレーネ【レベッカ・ホール】
    • バーニー【ブライアン・タイリー・ヘンリー】
    • レン・セリザワ【小栗旬】
    • ジョシュ【ジュリアン・デニソン】
  • 感想【ネタバレなし】
    • アクションがすごい!
    • タイタンの故郷、ホロウ・アース
    • 小栗旬さん出演
  • 感想【ネタバレあり】
    • 特別出演
    • ゴジラ&コング
    • キャスト
  • 評価

 

ストーリー

ゴジラが再び現れ世界を危機に陥れる。この状況を止めるための対抗策としてコングがスカルランドから連れ出され、ゴジラと対峙することに。そして、ゴジラ再来の裏にある秘密が明らかになる。

 

監督:アダム・ウィンガード(「サプライズ」「ザ・ゲスト」など)

 

キャスト

ネイサン【アレクサンダー・スカルスガルド】

f:id:mobayuri:20210510023309j:plain
コングと地中の空間世界について調べる地質学者。

 

エーペックス側にうまく言いくるめられて地中の世界へ行く科学者。最初はコングにビビりまくる。

 

マディソン【ミリー・ボビー・ブラウン】

f:id:mobayuri:20210510023408j:plain
母が研究していたゴジラの研究を引き継ぎ、再来の原因を調べる。

 

前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』からのキャラクター。すっかりイマドキのティーンエイジャーになっていたマディソン。無鉄砲な感じがハラハラするけど、そこもかわいいミリボビ。

 

↓この作品のミリボビもおてんばでかわいい♪

mobayuri.hatenablog.com

 

イレーネ【レベッカ・ホール】

f:id:mobayuri:20210510023702j:plain
スカルアイランドでコングを研究する。

孤児となった先住民族の少女ジア【カイリー・ホットル】の面倒を見ている。


バーニー【ブライアン・タイリー・ヘンリー】

マディソンが聞くポッドキャストの配信者。エーペックスで働いていたが、企業が隠していた危険な秘密に気付き始める。

 

レン・セリザワ【小栗旬】

2019年公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に登場したセリザワ博士【渡辺謙】の息子役として登場する怪しげな科学者。

日本から大物俳優が出演でテンションあがる!!

 

ジョシュ【ジュリアン・デニソン】

マディソンの友人。

どっかで見たことあると思ったら『クリスマス・クロニクル2』で悪い妖精を演じてたあの少年じゃないの!今回は天然キャラがかわいい。笑

 

 

 

感想【ネタバレなし】

アクションがすごい!

この組み合わせの対決に、正直かなり胡散臭い雰囲気を感じていたのでほぼ期待ゼロで観てみたところ…

 

え、面白いじゃん!!

 

海や街中で思いっきり戦うゴジラ&コングのアクションがすごい!

それぞれの強さとカッコよさが存分に味わえる戦闘シーンだったと思います。

 

タイタンの故郷、ホロウ・アース

今作はコング達タイタンの起源が隠されているホロウ・アースの世界も垣間見ることが出来るし、他の怪獣も登場。CGIを駆使した映像美も見所です。

 

ハードコアなファンには「は?」と思われるかもしれないけど、素人のわたしはこれはこれでアリだと思ったし、コング達の先祖やゴジラとの関係も語られていて、ワクワク。

「そう来たか!」というストーリーも楽しめました!

 

小栗旬さん出演

小栗旬さんのハリウッドデビュー作となった今作。英語を話すシーンもちょこちょこあって新鮮!かっこいいです!

 

ただ、彼の起用について制作側の「日本の怪獣ゴジラが登場する映画だから、とりあえず一人だけ日本の俳優を起用しておくか。」という魂胆がバレバレ。苦笑

でも、インパクトのある演技(観ればわかる)をしていたのでハリウッドに爪痕は残したかも!?笑

 

 

感想【ネタバレあり】

続きを読む