探偵になりたい。

ミステリーオタクの映画&海外ドラマ鑑賞記録

【ネタバレあり】Netflix『クイーンズ・ギャンビット』天才チェス少女の苦悩と成長の物語

f:id:mobayuri:20201116084114j:plain

公開後からずっとトップ10入りしていて、かつSNSでの評判も上々だった話題の新シリーズ。

Netflixのリミテッドシリーズ史上、短期間で最も再生された作品らしいです。確かに、カナダ・アメリカではメディアやSNSでもかなり話題になってたので納得。

 

「チェスのルール知らないしー」、「苦労話系苦手だしー」、「またガールズパワー押しでしょー」とか思って観始めるまでに時間がかかったけど…結局すっかりハマって、全7話あっという間に観終わってしまいました!!(一気観)

 

チェスのルールも知らないからと食わず嫌いだと後悔するかも…チェスドラマというよりも、ヒューマンドラマとして見た方がいいでしょう。

噂通り、面白かった!!

個人的には使われてた音楽も好き。

 

男性メインのチェスの世界でのし上がっていく天才チェス少女の物語。

1960年代が舞台なので、レトロなファッションやカルチャーも見所。

こちらもカナダで撮影されているシーンが多数の作品です。(ふふふ)

 

ちなみにタイトルの「クイーンズ・ギャンビット」は、チェスのオープニングの一つらしい。

このドラマ観てから、とにかくチェスがやってみたくて仕方ない!笑

最後のエピソードに出てきた、ロシアの屋外チェステーブルみたいなのがトロントの公園にもあって、たまーーーにおじいちゃんが手合わせしてるの見る。

ちょっと気になって調べたら、チェスの起源は古過ぎて確かでは無いらしいけど、インドが起源だと言われているらしいです。すごいなー。

 

 

お名前.com

 

 

ストーリー

孤児として育ったエリザベスは、ふとしたきっかけでチェスに夢中になり天才的な才能を見せ始める。 

 

原作:ウォルター・テヴィス

監督:スコット・フランク

 

 

キャスト

エリザベス・ハーマン【アニャ・テイラー=ジョイ】

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Anya Joy (@anyataylorjoy)

www.instagram.com

母親の死後、孤児院に預けられチェスに出会い、瞬く間に天才プレイヤーとなっていく。二日酔いでもハイでも引きこもりでも、常にヘアスタイルは完璧だったことが印象的なエリザベス。笑

孤児院時代を演じた子役ちゃん(イスラ・ジョンソン)も良かった!

 

ほとんど笑顔のシーンは無く、クールな天才を美しく演じたアルゼンチン系アメリカ人の女優さん。ホラー映画の出演が多く注目され始めたらしいけど、今作のヒット後も出演作が続々。これからが楽しみ!

出演作:『ウィッチ』、『ニュー・ミュータンツ』など

 

 

ミセス・ウィートリー(養母)【マリエル・ヘラー】

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Queen’s Gambit (@the.queensgambitnetflix)

www.instagram.com

エリザベスの養母。

主婦からエリザベスのマネージャーに転身して娘を支える良きパートナー。

 

この人の憂いある表情が良かったなー。

養子との親子関係を悪く描く作品は多いけど、今作では養子エリザベスの存在に彼女自身も支えられて、共に成長していく親子関係は素敵。

出演作:『幸せへのまわり道』など

 

 

ハリー・ベルティック【ハリー・メリング】

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Harry Melling (@harry.melling)

www.instagram.com

エリザベスの地元ケンタッキー州のチェスチャンピオン。 

 

イギリス人俳優。ダドリーーーーーー(ハリポタファンに届け)!!!すっかり大きくなって…

ダドリー役のせいか嫌なやつ役が多い彼だけど、今回はどうかな…??実はかなり重要な役どころ。

出演作:『ハリー・ポッター』、『オールド・ガード』

 

 

ベニー・ワッツ【トーマス・ブロディ=サングスター】

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Queen’s Gambit (@the.queensgambitnetflix)

www.instagram.com

一癖も二癖もある変わり者だけど、チェスに関しては天才的な全米チャンピオン。

チェスはオタクっぽい選手が多い中、いつもカウボーイハットで決めている年齢不詳なチェスおじさん。笑

 

イギリス人俳優。(今作は英国俳優多め?)初めて見た時は『ラブ・アクチュアリー』のおませな子役だったのに、大きくなったなー。でも原型は全く変わらないべイビーフェイス。笑

エリザベス役のアニャ・テイラー=ジョイとそっくりだと思ったのはわたしだけでしょうか。

出演作:『メイズ・ランナー』、『ゲーム・オブ・スローンズ』など

 

 

 

ミスター・シャイボル【ビル・キャンプ】

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Queen’s Gambit (@the.queensgambitnetflix)

www.instagram.com

エリザベスにチェスを教えた孤児院の清掃員。

一見無愛想だけど、エリザベスの才能を伸ばそうと手助けしてくれたりする心優しいおじさん。

 

多くの映画やドラマに出演し、名脇役と言える俳優さん。

いやー、この人ほとんどセリフも無いし出演時間も短いんだけど良かったなー。主人公との関係が感動的。

出演作:『ダーク・ウォーター』など

 

 

〜ここからネタバレあり〜

 

 

感想【ネタバレあり】 

 

エリザベス

『ソーシャル・ネットワーク』のマーク・ザッカーバーグみたいな、天才特有の感情が読めないエリザベス。実のお母さんは元数学者?で、エリザベスは不倫相手との子供なのかな??精神的に不安定な母親が心中を図るも、自分は生き残ってしまうというなんとも悲しい子供時代。

 

そもそも母親との生活がカオスだったこともあってか、エリザベスは孤児院での生活も悲しそうな雰囲気は無くただ退屈そうなんだけど、まさかの精神安定剤に依存してしまうという。エリザベスは大人になっても薬がやめられなかったりするから怖いね、依存って。

 

 

天才として生きる苦悩

「天才」をテーマにした作品ってものすごく完璧かクレイジーに描かれがちだけど、エリザベスもその他の強豪プレイヤーも、どこか共感できる人間らしさに溢れていたのがすごく良かった。チェスという競技の魅力もそうだけど、エリザベスをはじめとする登場人物達が魅力的なのも今作に引き込まれた大きな理由。 

 

個人的にすごく印象的だったのは、ラスベガスの大会でベニーに負けて自分を責めまくるエリザベスを養母が慰めるんだけど、それにすら苛立つエリザベス。でも、タウンズ(ジェイコブ・フォーチュン=ロイド)への気持ちに戸惑いながらエリザベスが帰りのタクシーの中で母の手を握るシーン。

天才チェスプレイヤーとして若者らしい生活が出来なかったエリザベスだけど、まだまだ未熟なところはあるし結局まだまだ少女なんだなーと。

 

ところで…タウンズって何歳?

ケンタッキー州の試合の時ですでに20代半ばくらいだったよね、(エリザベスのこと”Kiddo”て呼んでたし)ラスベガスの大会の時もエリザベスまだ高校生くらいだったはずなのに、そんな年下に言い寄るタウンズ…ロリコン!?

とにかく二人の異様な歳の差が気になって仕方なかった。笑

 

 

男社会のチェスの世界

エリザベスは天才的な才能で各地の大会を総なめにするんだけど、初めてのトーナメントでは特に男性ばかりのプレイヤーの中で女性差別的な扱いを受けるけど、一方、超美人ってこともあってとにかくモテまくるエリザベス。笑

でも本当は初恋のタウンズのことをずっと想ってて…最後には「友情」になる訳だけど、エリザベスにとってチェス以外のことは二の次って感じで、恋愛にのめり込むタイプではなかったよう。チェス以外は二の次でプロプレイヤーに徹するエリザベス、かっこいいけどね。

 

日本も将棋は男性が強いイメージがあるし、同じようなカルチャーなんだろうな。 

最近は”ガールズパワー”を押しまくる作品が多いけど、今作は近いテーマではあるもののうざいほどのプッシュはなくて良かったと思う。

かっこいい女性を描く作品は好きだけど、女性でも観てて「もういいよ」ってなることあるよねー。

 

 

豪華な脇役達

「なんかこの人見たことあるんだよなー」っていう俳優さんが多数出演している今作。

特にベルティック役のハリー・メリングとベニー役のトーマス・ブロディ=サングスターは、見覚えある人が多かったはず。子役で大活躍した彼らが、すっかり大人になっていい役者になっているその成長ぶりがみられるのも今作の見所の一つだった。

 

ダドリー役のせいか悪役が多いハリー・メリングも、今作では繊細ないいやつを演じてる。

ベルティックのキャラクター良かったなー。初登場はまた生意気な悪役かと思ったけど、数年経ってまた登場した時にはすごーくいいやつになってて感動。エリザベスへの片想いは報われなかったけど、潔く身を引いて彼女を支えるベルティックはいい男だ!!

 

一方、トーマス・ブロディ=サングスター演じるベニーはやたらキザな西部の男って感じ。(でもニューヨーク在住笑)口髭が若干違和感あったけど、爽やか青年なイメージの彼が演じる変わり者役は新鮮だった。

どのチェスプレイヤーも、エリザベスに負けたことを根に持つことなくむしろ彼女を支える存在になっていくっていうのが良かった。それがプロなんだなー。みんないいやつだよなー。

 

 

ミスター・シャイボル

エリザベスがチェスに目覚めるきっかけをくれた孤児院の清掃員シャイボルさん。

孤児院を出て以来ほとんど登場しなかったけど、ミスター・シャイボルのお葬式でジョリーンと孤児院に戻るシーンはちょっと感傷的。ミスター・シャイボルとチェスをした地下の部屋で、エリザベスが載った新聞の切り抜きをずっと集めていたのを見て初めて、彼が影ながら支えていてくれたことと何も恩返しが出来ていなかったことに気付くシーン。泣けたなー。

(「親孝行したいときには親は無し」の典型みたいなシーン)

 

でも、お葬式でエリザベスがジョリーンに「まだ10ドル返してない」って言ってたの聞いて、「返してなかったんかーーーーーーい!!」ってなったわたし。笑

 

 

まとめ

ストーリーがすごく良かったのはもちろんなんだけど、冷戦でロシアとの緊張感が高まっていた時代背景も興味深かったし、当時のファッションとかカルチャーもお洒落で素敵だった。

 

エリザベスの外見がどんな時でも完璧なのは不自然ではあるんだけど(二日酔いでも寝起きでも完璧なカールヘアとか笑)、元々ブロンドヘア?のアニャ・テイラー=ジョイの赤毛ボブもかわいかったし、毎回プラダのスタイルを彷彿とさせるエリザベスのファッションも見所の一つ。

 

シーズン2はなさそうな終わり方だったし、個人的にはこのまま潔く終わって欲しいと思う。

ネットフリックスのことだから、ここまでヒットしたら無理やり続編作るなんてこともあり得そうだけど。笑

 

 

評価

☆星 4.6 個☆

 

※ここまで引き込まれたヒューマンドラマは久しぶりだった。

※レトロな雰囲気の映像やファッションも好み。

【ネタバレあり】Netflix『レベッカ』クラシック映画のリメイク!前妻の影に怯える後妻を描いたラブサスペンス

f:id:mobayuri:20201109005520j:plain
ダフネ・デュ・モーリアの小説「レベッカ」が原作、1940年にアルフレッド・ヒッチコック監督のもと制作・公開され、第13回アカデミー賞優秀作品賞・撮影賞を受賞したクラシック映画。今作は『フリー・ファイアー』、『キル・リスト』などのベン・ウィートリー監督がリメイクしています。

わたしは原作もヒッチコック版も観ずに、サスペンス系だと言う理由だけでこちらを鑑賞。

 

レトロな雰囲気のサスペンス映画は大好きなので、こちらも期待大。

今作はキャストも豪華ですが、衣装や車などのディテールも見所です。当時の雰囲気を残しつつ、今観ても古臭くないおしゃれな作品に仕上がってて素敵でした。

ちなみに今作の衣装デザイナーは『ボヘミアン・ラプソディ』『ロケットマン』などを手掛けてきたジュリアン・デイです。

 

古い映画のリメイクではあるけど、レトロなラブストーリーの雰囲気は残しつつ、思いがけない展開と不気味な雰囲気は今の時代でも十分楽しめました。(さすがホラー系が得意なベン・ウィートリー監督。)

ただのラブ・ストーリーだと思って観るとびっくりするでしょう。笑

 

 

 

ストーリー

マダムの使用人として働いていた「わたし」は、イギリスの大富豪ド・ウィンター氏に出会い結婚。

夫の住む大豪邸マンダレーに住むことになるが、そこには夫が死別した前妻の影が残っていた…

 

 

キャスト

わたし【リリー・ジョーンズ】

www.instagram.com

マダムの使用人から大富豪の後妻となった女性。名前は出て来ず”わたし”として登場。

 

かわいそうな役がよく似合うリリー・ジェームズ。

今作でも、前妻の影に囚われるかわいそうな後妻役がハマってた。

出演作:『シンデレラ』、『マンマ・ミーア〜ヒア・ウィー・ゴー・アゲイン〜』など

 

マキシム・ド・ウィンター【アーミー・ハマー】

www.instagram.com

イギリスの大富豪。妻レベッカを事故で亡くした未亡人。

 

理想の独身大富豪て感じ。

大きな体ながらどこか悲しみと愁を感じる雰囲気も良かったなー。

出演作:『ソーシャル・ネットワーク』、『君の名前で僕を呼んで』など

 

ダンヴァース夫人【クリスティン・スコット・トマス】

www.instagram.com

マンダレーで働く使用人長。レベッカを慕っていた。

 

さすが、いくつになっても美しい。ちょっと意地悪な役がよく似合ってました。

出演作:『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』など

 

 

作品にまつわるエピソード

リリー・ジェームズのスキャンダル

最近では、今年10月にドラマで共演した19歳年上の既婚俳優ドミニク・ウェストとローマでデートをする様子をパパラッチされたリリー・ジェームズ。その直後にドミニク・ウェストとその妻はメディアに円満宣言をするという異様な展開に。笑(リリー本人は『キャプテン・アメリカ』クリス・エヴァンズとの交際を噂されていた最中。)

 

その前には、今作で共演したアーミー・ハマーとも噂が立ったリリー。やるねー。

アーミー・ハマーは最近妻と離婚しているけど、その原因は妻が1年前(『レベッカ』の撮影終了後)に”アデリーン”を名乗る女性とのメッセージのやり取りを見つけたことだそう。”アデリーン”は今作『レベッカ』で役名の無い主人公を台本で"アデリーン"と記していたことから、撮影中親しげだったリリー・ジェームズのことである可能性が高いとか。

ハマーは『レベッカ』の撮影終了後、ロンドンからロサンゼルスの家へ帰るも、その後すぐロンドンに戻っており、そこでリリーと会っていたのではとも言われています。

どうなんでしょ。

 

 

オリジナル版の主役ジョーン・フォンテインは日本生まれ

f:id:mobayuri:20201109005740j:plain

『レベッカ』(1940年版)より。左が主役のジョーン、右はダンヴァース夫人。

ヒッチコック監督のオリジナル版で主演を務めジョーン・フォンテイン、実は東京生まれ。

彼女の父は日本で教師をしており、東京高等師範学校(現在の筑波大学)では英語教師の傍らサッカー部を指導。(日本にサッカーを広めた人物としても知られているらしい)その後、早稲田大学勤務中に出会った同僚の妹リリアン(元舞台女優)と結婚し二人の娘が生まれる。そのためジョーン・フォンテインの生まれは東京都港区らしい!

 

面白いつながりがあるものですねー。

ちなみにジョーンの父はかなりの浮気者だったらしく、日本では芸者遊びに明け暮れ、イギリスに戻ったあとは家族を捨てて日本人家政婦(ド・ウィンターか)と日本に戻って再婚しています。(が、その後また離婚。笑)

 

 

 

〜ここからネタバレあり〜

 

 

感想【ネタバレあり】

旅先で偶然出会ったイケメン大富豪とスピード婚してしまう主人公。出会いから結婚まで、まさにシンデレラストーリーな展開は素敵だったけど、そううまくは行かないという…ハネムーン後、夫の大豪邸マンダレーでの生活が始まってからは作品の色合いもガラッと変わってホラーっぽい雰囲気に。

主人公とド・ウィンター氏との情熱的な恋愛はクラシック映画ぽいなーと思ったけど、サスペンスな部分もちゃんとしてて面白かった。

 

 

個人的には登場人物の服装やクラシックカーなど作品に登場するレトロなアイテム達に毎回見惚れていました。

大富豪のド・ウィンター氏が旅行先で着てた黄色いスーツとクリーム色のクラシックカーはレトロでかっこいいし、マンダレーに戻ってからの主人公の服装は大富豪の奥様の割にすごく庶民的なんだけど、ボブヘアにベレー帽がかわいかったのが印象的。レベッカの遺品までおしゃれ。

時代物映画はこういうディテールも見所の一つ。

 

マンダレーは超豪華な豪邸として有名って言う設定だけど、イマイチその美しさは感じられなかったかな。お屋敷のシーンは終始ダークであんまりいい印象無し。

一つ気付いてしまったのが、レベッカの部屋の前の白黒の格子模様の床…あれ『エノーラ・ホームズの事件簿』に出てきた公爵家の部屋と同じじゃん!最後のシーンで出てくる!

同じセット?とも思ったけど、Netflixイギリス映画クルー御用達の豪邸があるのかも。笑

mobayuri.hatenablog.com

 

新婚なのに、新居に戻ってからはひたすら憂鬱なことばかりの主人公。

昔のヨーロッパはきっと身分の違いとかうるさかったんだろうなー。ましてや主人公は元使用人で孤児だからね。

 

ダンヴァース夫人はやけに嫌味っぽいと思ったら、レベッカと一緒に屋敷にやってきた使用人だったのね。彼女にとっては娘のような存在だったのかな。そりゃ、旅行先でアバンチュールしたどっかの使用人が後妻になったら気に入らないわけだよ…笑

舞踏会で主人公が大失敗するシーンは、やっぱりねって思ったもん。

(余談だけど、主人公の付き人になったクラリスのお顔が印象的過ぎて忘れられない。笑)

↑この人 

 

マキシムも、再婚したのにレベッカのものをあんなに至る所に残しておくなんてどうかしてるよね。ダンヴァース夫人がそうさせてたのかもしれないけど、あんな家での孤独な生活わたしは耐えられないわ。笑

 

レベッカのヨットが見つかって本当の遺体が見つかるわけだけど、前の遺体はフランクが確認したわけだから、フランクはマキシムの犯行を知ってたのかな。(わたしは勝手にフランクとレベッカの関係がキーになるのかと思った。笑)

前回も2ヶ月見つからなかったのはすごいと思ったけど、1年以上経ってヨットが見つかるなんて怖過ぎ!!

 

てっきりマキシムはレベッカが忘れられないのかと思ってたけど、本当は罪悪感と彼女の影に怯えていただけだったって言うのは予想外の展開だった。レベッカを称えまくるダンヴァース夫人の言い分にすっかり騙されてしまってたわ。

怖いのは亡霊じゃない!人間の方なの!!笑

 

レベッカは外から見たら完璧でも、実は裏の顔があったのね。

マキシムも、誰もが羨む大富豪だけど実は妻に見下されて浮気されまくっていたかわいそうな人だったんだなー。行動だけ見ればレベッカのことが忘れられない傷心の未亡人だけど、死んだ妻の影と罪悪感に怯えていたんだって知っても彼の言動には説明がつく!

人の心が囚われてしまうって意味では、愛も憎しみも紙一重なのかも。

 

本当はマキシムにとても愛されていることを知った主人公は、ここからの行動力がすごい。誰かに愛されていることに気付くと人は強くなるんだなーと。

レベッカの死因についての追及はどうなるのかなーと思ったけど、病気だったって言うのはなんともラッキーな展開。本当は、病気に苦しむのを恐れたレベッカがマキシムに自分を殺させたんじゃないかなーとも思ったり。

 

レベッカのことはやたらミステリアスに語られてるのに、最後は呆気なかった気もする。もっと大きい何かを期待してた。

主人公を憎むダンヴァース夫人の中ではレベッカは完璧な女性だったのかもしれないけど、本当のレベッカはただ結婚に向かない魔性な女だったってことなのかも(カリスマ性はあったんだろうけど)。笑

 

後半は畳み掛けるような展開ではあったけど、納得のラスト。

最後は愛が勝つっていう話ではあったんだけど、この件の後でド・ウィンター家と夫婦がどうなったのかってことも気になる。(ラストがなぜカイロなのかも気になる。)笑

 

 

評価

☆星 3.6 個☆

 

※クラシック作品らしい情熱的なストーリーなんだけど、サスペンスとのバランスは良し。

※メインキャストがハマり役だし、レトロな雰囲気の映像やファッションが素敵。

※肝心なレベッカが、思ってたよりもミステリアスじゃ無くてちょっとがっかり。

【ネタバレあり】Netflix『クリミナル イギリス編』尋問室で起きる容疑者と捜査官との心理戦を描いた話題作

f:id:mobayuri:20201029041645j:plain
警察ドラマといえば犯人を捕まえるまでのストーリーが多いけど、このドラマは逮捕後の容疑者と捜査官とのやり取りのみで構成されていて、現場の映像も回想も無しに容疑者と捜査官との会話だけで事件の全てを明らかにしていく画期的な作品。

 

『事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」て言う日本の某熱血警察映画のセリフを思い出したけど、完全にこの逆パターン。笑

 

撮影シーンは尋問室、捜査官の待機室(?)、廊下、の3シーンのみで構成されているのに、事件の奥深さと捜査官同士の人間ドラマが奥深くて一つ一つのエピソードに釘付けになった。登場人物も少なめだから俳優陣一人一人の繊細な演技が光る!!

 

ふとした一言や行動にヒントが隠れてることもあるから、しっかり集中して見てないと大事な事実を見逃してしまうかも!?

 

この『クリミナル』シリーズはイギリス、スペイン、ドイツ、フランス編があって、それぞれのお国柄と捜査官チームにも特徴があって面白い。犯人役は各国の大物俳優が熱演しているという!!全作同じセットなんだけど、スペイン・マドリードのスタジオで撮影されているそうです。

 

個人的にはイギリス編が一番好きだったので、今回はこちらのレビューを。

他のも今後レビューするかも!

 

  • シーズン1【ネタバレあり】
    • エドガー
    • ステイシー
    • ジェイ
  • シーズン2【ネタバレあり】
    • ジュリア
    • アレックス
    • ダニエル
    • サンディーヴ
  • 感想【ネタバレあり】

 

 

〜ここからネタバレあり〜

 

続きを読む